MENU

講師紹介

SAYA

資格
理学療法士
ファンクショナルローラーピラティスインストラクター
ウォーキングヘルス協会 認定トップ講師

病院のリハビリテーション科で延べ約5000人のリハビリと歩き方の指導を行ってきた。

病院内で働く医療従事者向けにもピラティス講座を開催。

現在は解剖学・運動学をベースにしたピラティスとウォーキングレッスンを行っている。

・運動が苦手
・一人で続けるのが大変
・楽に痩せたい

そんな女性に向け、根拠に基づきながらも「楽しく結果の出せる」「美容に特化した体づくり」講座を開催中。

運動って大切だけど、続かない

私は学生時代は部活に励んでおり、ダイエットとは無縁の生活でした。

高校3年生の夏に引退し、 友人と思う存分遊べるようになり、放課後の外食によってぶくぶく太りました。当たり前ですね(笑)

大学生になり、アルバイトを始め金銭面の余裕ができ、『エステに通うなんて、大人っぽくてかっこいい!お金を払えば痩せられる!』と30万円以上する某有名エステに通ってみたものの、契約分が終了するとみるみるうちに元の体型に戻りました(笑)

 

ピラティスって何?

そこで出会ったのが『ピラティス』でした。

無理はしないけど適度に頑張ることができ、自分の苦手なところを明確にし、必要な筋肉、動き方を知ることができました。

一度習得すると身体は感覚を覚えています。

特に姿勢を気をつけられると、日常生活が変わります。
歩き方が変わると、疲れづらくなります。

疲れないと、仕事の効率性が上がります。

姿勢がいいと友人から褒められるようになり、褒められると、もっと頑張ろうと前向きになれます。
いいことづくしですね(笑)

 

数十人規模の大きな集団では先生も全員を見られないですし、参加者同士での会話も少なくなり、結局1人になってしまいます。

『同じ目標がある仲間と』一緒に取り組むことが運動を長続きさせる秘訣です!

この講座は最大6名。

理学療法士としても、プロの視点で一人一人の体を観察し、丁寧にお伝えします。

 

 

PAGE TOP